夏時間・冬時間
基本情報 HOME   BACK


歴史
人口
気候
産業

電話のかけ方

郵便

電圧

旅券紛失

ヤード・ポンド法
衣服のサイズ

外貨交換
 
祝祭日
お酒とタバコ

チップ

緊急事態

貨幣
 時差
夏時間・冬時間
高速道路

イベントカレンダー

LA空港

託送荷物
時間に移るときは1時間時計の針を進め、
夏時間から冬時間に移るときは時計の針を1時間戻します。

 ロスアンゼルスでは、いわゆる『夏時間』 (英語では"Daylight Saving Time":デイライト・セービング・タイムと呼ばれる)を使用しています。

 デイライトセービングタイムは、日照時間が長くなる時期に時間をずらすことで、自然光の使用率を高め、電力を節約することを目的としています。1986年に修正された"The Uniform Time Act"により、4月の第1日曜日午前2時から 10月の最後の日曜日午前2時までがデイライト・セービング・タイムと定められました。しかし2005年に新たな法案が議会を通過し2007年よりこの時期が延長されることとなりました。これにより3月の第2日曜日より11月の第1日曜日までがサマータイムとなりまたので、3月の第2日曜日には時計の針を1時間進め、11月の最初の日曜日には 時計の針を1時間戻すことになります。 たまたまこの時期にアメリカに来られた時は気をつけましょう。特に夏時間に入る3月は要注意です。帰国便に乗り遅れることのないように。

デイライト・セービング・タイムは、アメリカ国内のほとんどの地域で使用されていますが、ハワイやサモア、グアム、プエルトリコ、 バージン諸島、インディアナ州の東部時間地帯、そしてアリゾナ州のほとんどの地域(ナバホのインディアン居住区域を除く)では使用されておりません。

夏時間開始日 冬時間開始日
2007年 3月11日 11月4日
2008年 3月9日 11月2日
2009年 3月8日 11月1日
2010年 3月14日 11月7日
2011年 3月13日 11月6日
2012年 3月11日 11月4日
2013年 3月10日 11月3日
2014年 3月9日 11月2日
2015年 3月8日 11月1日
TOP
HOME   BACK
Copyright (C) 2002 Palmtreetours All rights reserved.
最終更新日 : 2008/01/20
この頁に関するお問い合わせご意見はinf@palmtreetours.com