• ホーム
  • 性病トリコモナスの感染経路とは

性病トリコモナスの感染経路とは

性病トリコモナスの主たる感染経路は、性行為によるものです。
セックスなどによってトリコモナス原虫が人から人へと感染します。
特に性病トリコモナスに感染している人と粘膜を直接すり合わせるようなセックスをした場合には、感染の可能性が非常に高まります。
なお、性別による感染経路としては、男性から女性、女性から男性のどちらの可能性も等しく高いです。
さらに女性から女性への感染の事例も確認されています。
人体においてトリコモナスは、女性器の膣内のような常に湿った場所を好んで生息しますので、男性同士の性行為によるトリコモナスの感染の可能性は極めて低いようです。

また、トリコモナスの原虫の特徴として、乾燥した場所では非常に弱くすぐに死滅する反面、他の細菌や原虫などと違い水がある湿った場所では人体を離れてもある程度の時間は死なずに生き続けます。
水さえあれば高い生命力を維持し続けます。
このため、不特定多数の人々が使用する公衆プールや公衆浴場、温泉、トイレの便座などにトリコモナスの原虫が付着しており、施設内の設備を経由して感染するケースもあります。
特に、洋式トイレの便座の場合には、男性が座った場合には性器が便座の前部分に直接触れることがあり、前に使用した人が付着させたものを受け取ってしまうケースがあり、性行為以外の感染経路としては有力なもののひとつです。

さらに、水分を含んで湿っておりトリコモナスが生存できる条件が整っていることが前提条件にはなりますが、バスタオルなどのタオル類が感染経路となる可能性もあります。
お風呂上がりに使用するバスタオルを家族で使い回している場合などには、家族の誰かがトリコモナスに感染していたことにより、家族内で感染が拡大するケースもみられます。

トリコモナスに感染した場合にはフラジールの錠剤を飲むことが適切であるとされています。
原虫および細菌の両方に対してフラジールは効果を発揮します。

トリコモナスの治療はフラジール

性行為だけでなく温泉やプール、トイレの便座など感染経路が多い「トリコモナス」は、年齢関係なく発症してしまう危険性がある性病です。
ただ、この性病に関しては薬での治療で完治することができます。
トリコモナスの治療の際は、「フラジール」という薬を処方されるケースが一般的です。

フラジールは白い錠剤の内服薬の他に膣錠もあり、メトロニダゾールが主成分となっています。
メトロニダゾールはトリコモナスを発症させる、トリコモナス原虫を殺虫する効果がある成分です。
原虫のDNAのらせん構造を不安定にして、抗原虫作用や抗菌作用によって原虫を減らしていきます。
フラジールによってトリコモナスを治療する場合、10日間使用するのが一般的です。

フラジールでの治療を開始して症状が収まると、勝手に使用を止めてしまう人もいますが、このような間違った治療をしてしまうと再発してしまう危険性があります。
必ず医師の指示に従い、フラジールでの治療を続けるようにしましょう。

また治療中はまだ患部に原虫が潜んでいる恐れがあるので、他の人に感染させてしまう恐れがあります。
感染を広げないためにも治療期間中は、プールや温泉といった場所に出かけるのは避けましょう。
処方してもらった薬を使い終わったら、再度クリニックを受診して原虫がいないかどうか確認して、もし死滅していれば治療は完了です。

フラジールは内服薬・膣錠共に副作用は少ないと言われているので、安心して治療が受けられるでしょう。
もし女性がトリコモナスを発症した場合は、婦人科やレディースクリニックを受診するのがおすすめです。
泌尿器科でも診察してもらえますが、女性の治療に特化した婦人科やレディースクリニックは、より受診しやすいでしょう。