• ホーム
  • 病院へ行きたくないならせめて性病検査キットを

病院へ行きたくないならせめて性病検査キットを

排尿痛がある、おりものの量が増えた・臭いが強くなったなど、性器部分に何かしらの異変を感じる場合、「もしかしたら性病かも…」と不安になってしまうでしょう。
性病の多くは病原菌に感染した事で発症します。
病原菌に感染しているかどうかを知るには、病院や保健所での検査を受けなければいけません。

ただ恥ずかしいと感じる場合、病院や保険所から足が遠のいてしまうケースも少なくないようです。
性病はそのまま放置してしまうと、ますます症状が悪化してしまいます。
できるだけ早くに検査を受けて、病原菌を突き止める必要があります。
もし病院や保健所に行くのに抵抗があるという場合は、検査キットを使って確認してみましょう。

検査キットは自分で検体を採取し、病原菌に感染しているかどうかを調べるアイテムです。
インターネット上では様々な性病に対応したキットが販売されています。
そのキットを使えば病院や保健所に行かずとも、簡単に性病を発症しているかを確認できるようになっています。

キットは検体を採取した後、検査機関へと郵送して調べてもらうものと、その場で確認できる2種類があるので自分に合ったほうを選びましょう。
郵送して検査してもらうキットの場合は、結果が分かるまでに数日の期間が必要です。
その場で分かるものは、陽性か陰性かどうか約20分程度で分かる仕組みとなっています。
検体を正しく採取しないと検査に誤差が出てしまい、再検査となってしまうケースもあるので注意が必要です。

ただ、キットにはどのように検体を採取すれば良いのか、詳しく方法を記載した説明書が同封されています。
検査方法も分かりやすく説明してあるので、初めてでも安心して使えるでしょう。
自分が性病を発症しているのではないかと不安に感じていると、大きな不安が付きまといます。
ずっと不安を抱えているのではなく、まずは自分ができる事から始めてみましょう。
手始めに抵抗感が少ない検査キットを使ってみる方法はおすすめです。

結果が陽性でも落ち着いて病院で再検査しよう

性器部分に異変を感じた場合、病原菌に感染しているかどうかを知るために病院や保健所に行く必要がありますが、恥ずかしいなら性病検査キットがオススメです。
自分で簡単に検査することができ、性病を発症しているかどうかを確認することができます。
検体を正しく採取しないと再検査になる可能性はありますが、説明書をきちんと見れば大丈夫でしょう。

検査キットは病院や保健所に行かずに性病の有無を確認できるのでオススメなのですが、結果が陽性と出た場合焦ってしまうかもしれません。
陽性は事実上、性病に感染していることを示すので驚く人が大半です。
しかしそんな時こそ落ち着いて、すぐに医療機関を受診することです。
性病は治療すれば治りますが、放っておくと感染が広がって重症になることもあるので早めに治療を受ける必要があります。
病院に行き辛いのは確かですが、陽性反応が出た時は勇気を出して病院に行きましょう。

性病検査キットで陽性反応が出てしまった場合、どの病院に行くべきか迷いますが、申し込んだ会社の提携医療機関を利用するのが得策です。
紹介で医療機関を受診する時は再検査の必要がなく、すぐに治療を始めることができるので便利です。
手間はかかりますが自分で医療機関を探す方法もあり、知り合いのいない少し離れた場所など行きやすい医療機関を選ぶことができます。
大事なのは女性なら婦人科を、男性なら泌尿器科など専門の病院を探すことです。

検査キットで陽性の結果が出た時は、症状がなくても性病に感染しているのは間違いないです。
そのため治療を始めなければなりませんが、性病は治療すれば治るので落ち着いて病院探しを始めましょう。
性病は放置しても自然治癒しないので、恥ずかしいからと言って病院を避けることはできません。
医者も看護師も慣れているので緊張する必要はなく、病院は患者の守秘義務があるので安心して通うことができます。

人気記事一覧